行政書士試験対策を通信講座で続けて学習するコツ

行政書士試験の学習方法は?

行政書士とは官公署に提出する書類全般についての作成申請代理を業としています。地元の市役所から、県庁、中には警察や公安委員会に提出するものまでその作成種類は多岐にわたるので、試験問題も広くなっています。従前はさらに細かい法規を出題対象としていましたが、憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学等が出題範囲とされているのである程度は限定されてはいます。

また一般知識も行政書士業務に関連したトピックから出題されているので広大無辺な分野につき勉強する必要は無いようです。しかし試験範囲がある程度絞られたと言って難易度が下がったわけではありません。出題形式もバラエティに富み、多肢選択問題はもちろん空欄補充問題から、40文字程度の小論文形式まであります。とりわけ民法は法律初心者の方が一番躓きやすい科目です。

条文だけで1000を越え、総則にはじまり相続編に終わる条文の基礎を理解し、重要な条文については裁判所の判例についての知識もある程度理解し、記憶する必要があります。これを独学でこなして試験に挑むのは無謀とすら言えます。通信講座を利用してプロの講師の教授を受けることがコスト削減にもなります。

 

通信講座選びと学習を継続するコツ

この手の試験は合格しなければ意味が無いので、行政書士試験合格を目指すと決めたなら自分にあった通信講座を探しましょう。まずはどの程度の費用負担なら許容できるのか懐具合から検討してみると、なかには価格は32000円超位の格安口座から、20万弱のテキストもテストも充実したコースまで色々あります。気になる方は資料請求してもらって事前に確認してみてください。

通信講座はテキストをもとにウェブ上の画像やDVDなどで受講することになりますが、一つ注意が必要なのは講師が分かりやすく説明してくれるのを聞いていると理解できたと錯覚してしまうことです。法律は条文を見て趣旨を理解し、判例等の検討を深めて具体的場合に妥当で法解釈的に正しい結論が出なければ分かったことにはならないことです。同封されている過去問を繰り返し説き、模擬試験などもパックされているのであれば積極的に参加してください。

行政書士試験の勉強は繰り返し学習することが多くなるので飽きないように勉強方法を工夫することも必要です。例えばテキストを冒頭から読むのではなく、後ろの章から復習していくとか、自分なりに知識を定着させる方法を考案するのも有効です。

行政書士通信講座を検討中ならおすすめのサイト

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です