えん麦のちからで簡単に食物繊維が摂れる!

ダイエットにも利用されているえん麦

腸をきれいにすることは、ダイエットにもつながります。野菜や穀物などに含まれている食物繊維は、腸をきれいにするために役立ちます。最近、ダイエットに利用する人が増えているのが、えん麦です。えん麦は、イネ科の穀物で、紀元前から栽培されていました。えん麦の薬効は、昔から知られており、1870年代にえん麦がフレーク化できるようになると、手軽に調理できるようになり、アメリカで急速に普及するようになります。

日本では、明治時代の初期頃に導入されて、北海道で栽培されていました。シリアルが普及することで、えん麦食品も国内で広く流通するようになります。えん麦は、栄養価が高く、水溶性食物繊維の多くがベータグルカンです。えん麦由来のベータグルカンは、血中のコレステロール値や血糖値が上がるのを抑えてくれます。また、血圧を低下させ、免疫機能をコントロールする作用でも有名です。

小麦と違って、えん麦にはタンパク質と脂質が多く含まれています。他の穀物に比べてデンプンの割合が低く、ミネラルが豊富なので、ダイエットに有効だと言われています。欧米では、簡単に食べることができるオートミールとして使われることが多く、オートミールは日本でも人気があります。

 

えん麦のちからで健康生活

えん麦を使った健康食品は、日本でも高い人気を誇っています。最近、大きな注目を集めているのが、えん麦のちからです。えん麦のちからは、独自の技術により栄養が凝縮されています。焙煎しているので、穀物の香ばしさがあり、飲み物に溶かすだけで様々な栄養を簡単に摂取することができます。
えん麦の力は、栄養が集中しているふすまに注目して作られています。

穀物なのに、余分な糖質がカットされているので、ダイエット中の利用もできます。えん麦の力は、タンパク質、脂質、糖質、食物繊維がバランス良く含まれ、さらに女性に不足しがちな鉄分やカルシウムも、他の穀物に比べると豊富に含まれています。えん麦のちからは、様々な方法で摂取することができます。最も多いのは、牛乳や豆乳に混ぜて飲む方法です。

えん麦は香ばしいので、牛乳や豆乳との相性が抜群です。忙しい朝でもすぐ作ることができるので、時間がない時の栄養補給にも適しています。スープに混ぜると、腹持ちが良く、ボリュームが出るので、ダイエット食として利用している人も少なくありません。野菜や果物で作る人気のスムージーに加えると、栄養満点のダイエットドリンクになります。

えん麦のちからの口コミはここから

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です